「怒ってるぞ!」管理人のblog

病院勤務時に知り得た「医療現場の実態」と、日常気が付いた「社会への義憤」について書いてます。

嬉しかったこと

お寿司屋さんの忘年会

昨日の夜はいつものお寿司屋さんへ
店内はカウンター6席、テーブル席2つ。

のれんの隙間からお店の様子を伺う。
「え~と、カウンターは....空いてる、空いてる!
こんばんは(^-^*)/」のれんをくぐる。

お寿司屋さんなら絶対カウンター。
寿司職人さん、女将さん、他のお客さんとお話が出来て、付加価値が高い。

昨日は寿司職人さんの30年来お付き合いされている方と隣りに。
ご紹介して頂き、ラッキー~~♪♪

年の頃は60歳位。
台湾で長く仕事をされていて色々なお話を伺え...。

「顔を見りゃ分かるよ...」その方の会話で何回か出てくる。
私の人相どうですか?と、聞きたかったが、
怖くて聞けなかったです(>_<)

ぶっきらぼうで、一見人を寄せつけない雰囲気。
一本筋が通っていて、義理人情を背中にしょっているような方。

日本を感じられる男性に囲まれての会話は本当に楽しい。
この方達に守られて、今、この場所にいられるんだ....
と、しみじみ思ってしまう。

女将いわく、
「今日はうちの忘年会みたいね~。」と....。
馴染みの方にも会え、年末のご挨拶も出来ました。

お寿司屋さんなら絶対カウンター。
素敵な方々と出会えてワクワクする。

Yesterday,I go to my favorite Suhsi restaurant.
There are in six counter seats and two tables.

I opened noren.
just available!good evening~♪

I want to take counter seat.
There are in Suhsi-master,Okami and other customer.
I can talk to everyone.

Suhsi-master introduced me to his friend.
lucky~♪

He looked like traditional Japanese man.
He had Justice and humanity.

I am happy to be here with the man who has real Japanese man.
I was so touched.
(私はとても感激する)

くまもん

P_20151220_153032
※舞台上の方々はイベント関係者なのでぼかし入れてません。

昨日参加したイベント、
サプライズゲストは「くまもん」

くまもんはサービス精神旺盛。
握手をすぐにしてくれる。
「大丈夫、大丈夫。」みたいな感じで肩をポンポンと叩いてくれる。

ゆるきゃらとかに全く興味がないわたしですら
くまもんに会えると、「おっ、ラッキー☆」っと思う。
ゆるキャラに追っかけがいると聞くが分かる気がする。

ーーーーー
I participated in a event yesterday.
A surprise guest was "Kumamon".
He is really kind to us.

He shook hands to us.
He patted us on the shoulder.

I am not interested in ゆるきゃら.
Except for Kumamon.

I would be happy if I could see Kumamon.
I see, lots of people like him.

天気で強風の日は星がキレイ☆

P_20150921_181831
※写真は松江です。

毎日残業し、帰宅。
慌てて洗濯物を取り込む時に見るようになった夜の星。

毎日同じことの繰り返し。
「星がいつも居てくれる。」と、
なぐさめ半分、自分に言い聞かせているうちに、
残業をしなくなった今でも夜空を眺める習慣が出来てしまった。

今日は昼間風が強かったから星が綺麗なはずだ。
どれどれ.....。
わぁ~キレイ☆
日頃見えない星も見える!

私が特に好きな星は「冬の大三角☆」
オリオン座を含む三つの星からなり本当に美しい。
名前を知らなくても正三角形に近く、誰でも探せる。

星を見るなら、夜中が良い。
空気がシーンとする。
枯れ葉が舞う音が聞こえる。
車の音もBGMとなり雰囲気が良い。

あと1時間もすると、
ベランダから星が見えづらくなる。
さぁ、もう一度、
冬の星に会いに行こう。



友人宅へランチ

P_20151111_105032
今日は友人宅へランチをしに出かけます。
(帰宅は夕方。)
今週は外に出る機会が多かったな...。
来週は大好きな「引きこもり週間」にしよっと♪

会う友人は写真をイメージしたような、
超~きれいな方(私より8歳年下)
私の方が幼くて、幼くて....。
いつもランチのお誘いありがとう!


おっと、ファインデックスの指値、
忘れずに、忘れずに。

絵画館前には噴水がありました

P_20151201_103931
P_20151201_104039
半世紀前、2,3年間だけ泳げたみたいです。
調べてみたら、ブログで書いてる方がいたので全文載せさせて頂きました。

ーーーーーーーーーーーーーーー
(下記にソースあり)

ブログ
普通な生活 普通な人々
絵画館前 「かっぱ天国」…だったかな?
11/07/17 13:03 東京「昭和な」百物語


 おそらく、覚えている人もほとんどいないのじゃないかという、だれが企画し実行したのか、大東京のど真ん中であった真夏の子供たちへのプレゼント企画!

 と言っても、「なんのこっちゃ?」と言う方がほとんどだろう。
 確かボクが10歳ころ(50年以上前!)の、都合2〜3年間だけ行われた、名称は「かっぱ天国」だったような記憶がある。

 いまは黄葉(イチョウ並木!)の名所になっていて、秋には若いカップルの散歩道になっている、青山、外苑前の絵画館周辺。
 絵画館前の広場は、昔はなにもない、人々の集合するスペースとして、皇居前広場のような役割をもっていたに違いなかったが、いまではほとんどのスペースが駐車場として使われている。

 その一角に、噴水施設などのある池があるのだが、その池がいまから50年程前に、子供たちの水遊び用に開放されていたのだ。記憶違いかもしれないが「かっぱ天国」と名称されていた記憶がある。そして、それはわずか2〜3年で終了してしまった。

 なにをきっかけに始まり、なにを契機に終了したのかは子供のボクには知る由もないけれど、そのプールとも水たまりともつかない遊び場は、最高に夏を満喫出来る場だったのは確かだ。
 水深もそれなりにあった。当時のボクは多分身長130cm程度だったろうが、すっかりと水没する程度の深さだった。だから、雄叫びを上げながら飛び込んだりしたものだ。
 親子連れなどほとんどいない。皆子供同士で遊びにきていた。

 一度、たいして泳げもしないくせに、泳げるようなフリをして脚が攣り、溺れそうになったこともある。
 必死で、自力で壁までたどり着いたが、そこはプールでもなんでもない池だから、とりすがるものもなく、壁伝いに何ヶ所か設置してあった出入り用の階段までたどり着いて助かった、などということもあった。
 それでも楽しかった。一シーズンのうちに、5〜6回は通っていたと思う。

 クソ暑い夏の盛りに、ふと思い出す思い出の一つ。こんな思い出を共有できる人って、まだどこかにいるんだろうか? そして、管理された環境の中で、はみ出すことに怯えながら入るプールしか知らないいまの子供たちには、こんな思い出はないのだろうなとも、思った。

 あの「かっぱ天国」を企画し主催したのは、誰なのだろう? 可能性としては、絵画館、東京都、渋谷区といったところか……。
 どこでもいいけれど、いい思い出をありがとうと、この場を借りてお礼しておきたい。

(上記に全文載せさせて頂きましたので、トラブル回避のためソースは開かなくても大丈夫です)
http://blog.goo.ne.jp/katohfu/e/a8b6b3151c8462ba327513937e0b3a5f


プロフィール

okotteruzo

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ