映画を見終わり感想。

この手の映画にしては、
強弱のない静かな映画でした。
でも、泣いている声もしたし、
エンドロールで誰も立たなかった映画を見たのは久しぶり。
評価は高いのでは?

Q1 何故、樋口季一郎さんは有名にならないの?
A1 それはね、日本は「五相会議」でユダヤ人を差別しないことを閣議決定。
そのことを国民に知らせたくないから、樋口季一郎さんが有名になってもらったら困るんだよ。

Q2 杉原千畝さんのした行為だって、悪い行為ではないんだよね。
A2 うん。ナチスはやり過ぎたからね。
ただ、杉原千畝さんのした行為は閣議決定した後。
仕事を遂行したといえばそれまで。

1938年(昭和13年)
3月 樋口季一郎 オトポール事件
12月 五相会議 ユダヤ人対策要綱

1940年(昭和15年)
7月 25日、杉原千畝 命のビザ発給を決断

樋口季一郎さんが有名にならず、杉原千畝さんだけ有名なのがおかしいんだよ。
それに今のユダヤ人には色々あるしね。

更に話しが膨らむの?
私、もう無理(-_-メ)また今度!
じゃあ、また今度ね。

私、解説がないと分からない。
みんなだって同じだよね。
これ、知り合う人によって人生変わっちゃうね。

下記は後日消します。
ーーーーーーーー
下記は映画『杉原千畝 スギハラチウネ』のネット口コミ

『杉原千畝 スギハラチウネ』第二次大戦の最中、本国の意に反するも自らの信念と人道主義を貫いた外交官。国や宗教は肌の色は違えども、人の心は皆同じなのだ。杉原千畝の視点で淡々と物語は進むが、取り巻く状況は刻々と変化する。

『杉原千畝 スギハラチウネ』戦時中、日本政府に背きユダヤ難民にビザを発給した杉原千畝の半生の物語。強い信念と行動力。千畝の心情が深く細やかに描かれ、それを演じた唐沢寿明も良かった。千畝さんの勇気や人を思い遣る優しくて強い心に感動。
ーーーーーーーー