「怒ってるぞ!」管理人のblog

病院勤務時に知り得た「医療現場の実態」と、日常気が付いた「社会への義憤」について書いてます。

2005年05月

患者さんから貰ったもの……

こんばんは、「怒ってるぞ!」管理人です。

春、良い季節ですね?。
花が咲き、木々は新緑。
天気の良い日、新緑を見ると葉の美しいこと、美しいこと!
その新緑が風に揺られながらサワサワサワ……なんて聞こえて、心地良いですね。

今日、先月退院した患者さんが外来診察に来ました。
「シャバはどうですか?」と、訊ねたら、
「いいねぇ??!」と笑って答えてくれました。

このような笑顔ってホント嬉しいですね。何よりのプレゼントです!

そう言えば数年振り返ってみると、患者さんからはいろいろ貰いました。

例えば、年賀状。

長期入院していて、年越しも病院となってしまった患者さん。
年始、手渡しでいただきました。(嬉しかったです)

又、私個人の名前で病院宛に年賀状を送ってくださった入院患者さんの家族。
ご主人は72歳、奥様の面会に、なんと!1時間かけて自転車で来ていると言うではないですか!

ご主人は、「用事があればいつでも自転車で来ます。」と、言っていましたが、
私は、高齢な上に、長距離で自転車と聞くと、「ご主人ご都合で……。」とニッコリ答えてしまいました。(とても礼儀正しい、温和なご主人で、こちらから優しくしたくなる、そんな方でした)

生活保護を受給している患者さんから、ハンカチをプレゼントされた事があり、
「生活大丈夫かしら?」なんて心配した時もありました。

お花や、おかし、お金もありました。

お金はさすがに受け取れなかったですね…、お礼は頂戴しない!が基本でしたから、
(先生はひょっとして、お金受け取っていたかも?)
丁重にお返しし、さらに「どうぞ!」と言われ、結構困りました。

きれい事とは思いますが、やっぱり心に残るのは、
金銭や、物よりも、笑顔や、暖まる人柄、ありがとうの一言や態度をいただいて時ですね!
思い出しただけでも嬉しさがよみがえります。

私がブログを書き始めた理由

こんばんは、「怒ってるぞ!」管理人です。
今日は私がこの「怒ってるぞ!」を書き始めた理由を書いていきたいと思います。

かれこれ医療事務員として働いて15年目、会社では平社員の中堅ってところですかね?
15年も働いてればグチは溜まり放題!

1、診療報酬の不透明さ(医療行為の価格の分かりにくさ)
2、健康保険、労災、自賠責の請求金額の格差(同じ治療でも請求先が違えば金額が異なる)
3、職場の人間関係
4、仕事の流れ
5、残業、休日出勤、連続勤務
6、苦情対応
7、未収金処理
8、医療機関としてのサービス業と、患者さんが求める慈善事業とのギャップ

他、他……。
日々グチの毎日!

独身貴族のOLさんがおしゃれして……なんてほど遠き事。
髪の毛はバサバサしないように束に結って、
階段駆け上がりながら、ナースステーションやら、病室やらとあっちこっち移動。

又、病院事務員は男性が少ない為、力仕事も当然私たちがやります。

気持ちにゆとりがないせいか、些細なことでも怒ってしまう。
後から相手の事考えると申し訳ない気持ちになり反省はしても、また繰り返してしまう……。

自己嫌悪……。

怒ってばかりいる私をみかねた友人は、

1、社会や制度への義憤なのか?
2、単に自分都合で怒っているのか?

書くことによって見えて来る事があるから、怒りの原点を探してみたら?と、
ウェブサイト作ってくれました。

タイトルはその名も「怒ってるぞ!」……。
まさに、日々怒ってばかりいる私にぴったりのタイトルでした。

私は「怒ってるぞ!」を書き始めました。

書き始めた私を見て友人は、
「もう、グチを聞かされなくて済むわ。」と、喜びました。




コミュニケーション(2)

こんばんは、「怒ってるぞ!」管理人です。

朝、起きて、
家族に、職員に
「おはようございます」と声をかけると、気持ちよく答えてくれる人達は沢山います。
(中には挨拶しない人もいますが……)

病棟に入院している患者さんが笑顔で
「おはようございます!」と、声をかけてくれると、
心のそこから「おはようございます!」と、笑顔で声をかけたくなり、かけています。

「おはようございます」一日の始まりの言葉です。
老若男女、朝の挨拶!快く発したいです。


プロフィール

okotteruzo

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ