こんばんは、「怒ってるぞ!」管理人です。
今日は、当直医がいない病院の出来事を書き込みします。

数年前,私が勤務した小さな救急病院は院長と他、数名の常勤医で患者さんを診ていました。
常勤医は1日の仕事が終わり、当直医が来ると交代し自宅に帰ってしまいます。

当直医の先生は、大学病院からアルバイトをしに来ていて、朝6:30頃になると大学病院へ帰ってしまいます。
常勤医がくるのは朝9:00前……。

そうなんです、朝6:30?9:00までの間、院内にはお医者様はいないのです。

入院患者数は100名。
しかも救急病院なので24時間体制で外来患者を診れるとうたっているにもかかわらず、その時間帯(朝6:30?9:00)にお医者様はいません。

腰が痛いと言って救急で来た患者さん。
看護師は院長に電話連絡し、症状等を話、指示をもらいレントゲンを取り、薬を患者さんに渡し帰って行きました。
そして、朝10:00頃その患者さんの奥さんは、

「レントゲン結果の説明を常勤医がする約束になっていた」との事、再度来院しました。

説明を受けるまで待たされ、さらに治療費は朝の時間外料金と、10:00に来た同日再診料金をいただいていました。

こんなの詐欺ですよ。

つい最近この病院が倒産しと聞きました……。
当直医の件のみみならず、評判も押して知るべしだったのかもしれません。

小さな病院は少ない先生で病院を運営して大変だと思います、だからって医者がいなくて仕方ないとは言えません。

当直医とは契約の段階で朝9:00までいてもらうようにする、とか、
交代で常勤医が早番出するとか、ちゃんと決めなければならないと思います。

救急病院だからといって、常に医者が万全の体制で構えているとは限りません。

1、(先に述べたように)朝の交代時間帯
2、夕方の交代勤務時間帯
3、入院患者さんが急変した時間帯

以上のような時間帯があります。

よく、「朝から具合が悪いかったんですがもう我慢出来なくって…」と、P、M23:00頃来院する患者さんがいます。

夜間になると、不安からだんだん調子も悪くなるのかもしれないと、よく看護師さんは話していました。

朝から調子悪かったら日中来院した方が良いです。
常勤の先生もいますし、検査も出来ます。夜間では最低の応急処置しかできません。