こんばんは、「怒ってるぞ!」ブログ管理人です。

個室料金の支払いについて、病院側の説明により、支払ってしまわれている患者さんが多いようなので、緊急報告します!

入院する際、個室入室することになった際、あなたは、
?希望で入室されましたか?
?室料のかからない部屋を希望したにも関わらず、空きがなく矢も得ず個室入室されましたか?


?の希望で入室された方は、個室入室希望の同意書にサインをし、病院で規定された料金を支払う形となります。

?の希望でないにも関わらず、病院の都合で入室した方の場合は個室料金の支払いはしなくて良いので、支払いの請求や、同意書の提示を病院側から言われたら、はっきり、「室料のかからない部屋希望です。」と、言って下さい。

病院も会社経営していますので、多くの収益を望みます。
その為、?のような個室希望でない患者さんにも、病院側は
「個室料金のお支払いをお願いします。」とか
「大部屋があくまで個室料金のお支払いご了承いただけますか?」等と、説明してしまいます。

患者さん、又は、家族の方は希望でなくても個室料金を支払わなければならないと思ったり、治療していただけるのに、イヤとは言えない等と言った理由から、

「はい、分かりました。」と、言い、同意書の記載をしてしまうそうです。

病院側は同意書が取れた場合、患者さんに個室料金の請求をします。

間違っても、個室希望でない場合は、同意書は書かず、料金の支払いはしなくて良いので、
「室料のかからない部屋希望を時には、個室料金は支払わなく良いのではないでしょうか?」と、病院職員に聞き返して下さい。

上記のような事が、知らないがゆえ、個室希望入室ではないにも関わらず、料金を支払っている患者さんがいるようです。

健康保険取り扱い病院は、健康保険に則った支払方法をしなければなりませんが、国民健康保険の赤字懸念もあり、国は年々診療報酬を下げていき、
残念な事に言われた通り真面目にやって行くには、経営上難しい現状があります。

病院側も生き残りをかけ、あの手、この手と知恵をしぼり(悪知恵?)、収益につなげようとします。
そうしなければ、倒産してしまうからです。

病院経営の為には個室料金は確保したいものですが、希望でない患者さんからは請求は出来ません。

病院側もしっかりその事は理解していますので、個室を希望していない場合には、
「室料のかかわない部屋を希望します。」と、伝えて下さい。